冷えとりとは

■冷えを知ろう

ほとんどの人は自分に「冷え」があるとは感じていません。
しかし、実は人は誰しも「冷え」を抱えています。
心臓を中心に上半身と下半身ではなんと約6度も体温が違います。
半身浴や靴下の重ね履きで下半身を温め、
上半身を温めすぎない「頭寒足熱」のバランス良い状態にすることで、
体と心の調子が整い、健康につながるという考え方が冷えとり健康法です。


■「冷え」は体の大敵

冷えは万病の元とも言わてるほど、体の至るとことに悪影響を及ぼします。
低体温・冷え性・むくみ・便秘・疲れやすい・風邪が治りにくい・不眠・肩こり...など。
これらの症状は冷えの症状のひとつと言われています。
冷えとりを行うことで、これらの症状を軽減してくれる働きがあると言われています。


■「冷え」を取る方法

冷えとりは「頭寒足熱」「腹八分目」が原則です。
冷えとりの方法には【半身浴】【靴下の重ね履き】【下半身を温める】
【湯たんぽを使う】【食べ過ぎないこと】など下半身を温め、
上半身を過剰に温めすぎないことを心がけましょう。








重ね履き靴下とは


■なぜ靴下をかさねるの?

足裏は直接内臓とつながっており、汗腺がもっとも発達しています。
人は、1日に約コップ1杯ぐらいの汗が出ています。
その為、足は特に冷えてしまいがちになってしまいます。
冷えとりは頭寒足熱が基本なので、
日中でも半身浴をしているような状態を作るために、靴下の重ね履きをします。


■冷えとり靴下の履く順番

ただ、重ねて靴下を履けばよいのではなく、靴下の素材や順番があります。
足の裏は汗をかきやすい場所です。
そこで、吸水性と保湿性に優れ、 老廃物を排出する効果が高いと言われる
シルクの5本指靴下を直接肌にあたる1枚目に履きます。
2枚目には、 綿またはウール・麻などの5本指靴下を履きます。
3枚目はシルクの靴下...と交互に重ねていくことで半身浴の状態を作っていきます。


※交互に履く1枚目、3枚目、5枚目...と奇数の数字になる部分はシルクを。


■冷えとり靴下に化繊はNG

冷えとりとは、冷えとり健康法とも言われているほど、
体内の毒素をだして、体調を整える効果があると言われています。
この体内に溜まっている毒素を汗と一緒に出しているのですが、
化繊は毒素の排出を抑えてしまいます。
しっかり汗(毒)を吸い取ってくれる絹・綿・毛など天然素材の靴下を選びましょう。
ただし、1番外側に履く靴下は天然素材に比べて丈夫な化繊の靴下でもOKです。


■重ね履く枚数について

冷えとり靴下の数は「基本は4枚」であって4枚が良いというわけではありません。
特に枚数の決まりはなく、冷えを感じたら重ねていきます。
冷えとり初心者の方にも気軽に始められる2枚履きもあり、
こちらはギフトでも人気の商品です。


重ね履き靴下 2足セット

重ね履き靴下 4足セット





トップへ